加齢に伴う筋力低下 世田谷区

年を取るにつれて身体の機能が衰えて行く事は誰でも知っている事です。
その一つに筋肉の減少・筋力低下があります。
サルコペニアと言う現象です。
サルコペニアは30歳前後から誰にでも始まります。
最近では若者の体力低下で
サルコペニアが問題視されるようなTVや記事を目にします。
加齢により低下する筋肉は上半身よりも下半身の方が落ちやすい傾向があり、それに共いバランスをとる能力が著しく低下するようです。
高齢の方が転ぶ瞬間を見た事がある方はわかると思いますが、
よろけて体が傾いていくのに、手も出ないでそのまま倒れていってしまう事があります。
本人は倒れていくのはわかっているらしいです。
でもそれに身体の反応がついていかない…
転んで怪我した事がきっかけとなり寝たきりになってしまう方もいるようです。
そんな事で動けなくなってしまうなんて誰でもいやでしょう。
そうならないためにも無理をしない程度に筋力トレーニング、バランストレーニングをしておくことを強くお勧めします!
サルコペニアは止められませんが
少しでもあらがう事は可能です。
90歳の人が筋トレをして筋肥大した実験データもちゃんとあります。
皆であらがいいましょう!
あらがう方法下記をクリック(^^)

http://retra-r.smarmo.jp/menu/index.html#menu02

榎坂