トレーニングと言えばタンパク質。です が…

トレーニングと言えば、タンパク質!
若干無理矢理感があるかもですね…
皆さんご存知の通り、タンパク質は身体にとって、とても大切な栄養素です。
トレーニング後、筋肉の材料となるタンパク質を摂ることで効率よく筋肉をつけたり、
ホルモンや酵素などの材料にもなります。
ですが、このタンパク質も過剰摂取してしまうと、問題が起こります。
タンパク質は体を酸性に傾ける働きがあります。
体が酸性に傾くとその調節のために歯や骨からカルシウム(アルカリ性)を溶かし中和しようとします。
という事は、
タンパク質の摂り過ぎは骨を弱くしてしまう事があるのです。
他にも、肝臓や腎臓への負担が増したり、痛風になりやすくなったりもします。
何でもそうですが、「過ぎる」と言うのは問題ですので注意しましょう!
下記、参考になれば。
タンパク質の摂取目あすは
体重×1g(普通の生活をしている人)
肉100gでおよそですが20gのタンパク質が摂れます。