温湿布と冷湿布はどちらをはる?

DI_IMG_5788500

こんにちは、

榎坂です!

今日はちょっとした疑問を解決出来ればと思い記事を書きます。

この業界に入ってからよく聞かれる質問です・・・

 

「温湿布と冷湿布、どちらを貼ればいいですか?」

 

確かに市販の湿布薬は温湿布と冷湿布に分かれています。

2種類あるという事は、使い分ける必要があるのでは?

ましてや、「温と冷」では対極にある感が満載ですからね・・・

ですが、実のところ湿布を使う目的を考えた時には温湿布・冷湿布どちらを使っても同じなのです!

 

湿布の主要目的は「筋や靭帯など、どこかしらの炎症をとること。消炎効果」です!

 

実際に温める・冷やすを使い分ける事を簡単に説明すると

温める : 慢性的な症状、肩こりや慢性の腰痛など。

冷やす : 急性的な症状、怪我・ねちがえ・ぎっくり腰など。 主に痛みや熱感を感じるもの。

 

細かく考えていけば、使い分けはきりがありませんが、湿布を使う時は基本的に炎症をとりたい時がメインになるはず。

そうなると、温湿布・冷湿布はほとんど関係なくなると思います。

温めたいのであれば、ホッカイロを使う方がよほど温められますしね・・・

 

もちろん、温・冷にわけて作られているので温と冷の効果はゼロだとは言いません。

温湿布にはトウガラシ成分が入っていて温感はあるし、冷湿布にもメントールなどの成分があるので冷感はあります。

そこをどうしても気にする方は、使い分けする事をお勧めします!

心持も身体には影響をおよぼしますからね!!

 

今後の参考になればと思います。

榎坂