パーソナル

【筋トレの間違った認識】

筋トレについてこんな誤解をしていませんか?


「重いものを持たないといけない」

「辛くなるまで頑張らないといけない」

10回の3セットで筋肉がつく」

etc…


実はこれらの認識は初心者によくある誤解なんです。


確かにボディービルダーのような筋肉量が多い人は、筋肉に高い負荷をかけ、ギリギリまで自分を追い込み、何セットもこなす強者です。

しかし、彼らは最初からハードなトレーニングをしていたのではなく、長い時間をかけコツコツ体力を上げていった結果、それくらいのトレーニングでないと自身の「全力」にはならず、筋肉が「発達」、「成長」しないのです。


【筋トレで筋肉がつく仕組みを知ろう】


筋肉を強化、肥大させるには成長ホルモンを出し、脳から「筋肉を作れ!」と指令を出す必要があります。


これは周りの環境に適応しようとする本能で、今まで経験したことのないような身体的なストレス(負荷)を筋肉が受けた場合に起こります。


つまり、筋トレによって普段感じないような負荷を与えることで筋肉がつくわけです。


そこでとても重要なことは、「全力」を出すことです。「全力」を出すことで成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは筋肉を大きくする「スイッチ」と覚えておきましょう。


【「全力」ってどれくらいが全力?】


例えば、腕立て伏せ10回できるAさんがいます。


1セット目めちゃくちゃ頑張ってギリギリ15回できました。3分ほど休憩し、

2セット目は目めちゃめちゃ頑張ったけど12回しかできなかったとします。


たった2セット!

これで十分全力は引き出せています。


1セットを限界まで追い込めたら、Aさんにとって9095%くらい引出せているでしょう。

しかし、100%超えていないのでこれだけで終わると「スイッチ」が押せません。

そこで2セット目は1セット目と同じ回数できるように頑張ります。これで100%以上頑張ったことになるのでAさんは「全力」を引き出せたということです。


それぞれ体力差はあるが、感じる辛さ加減は同じです。


【慣れない運動も「スイッチ」を押せる】


そもそも、高齢者や女性のように筋力が弱い人は上記のように全力まで動かすのもかなり大変です。

そういう方は、負荷の低い運動を、最大の可動域を使って行うことをお勧めします。


普段使っている可動域よりも大きく関節を動かすため筋肉も普段使わないところまで刺激できます。

そうすれば「慣れない動き」をすることで「スイッチ」を押せます。


しかし、この場合は関節を大きく動かすのでフォームを正しく行わないと怪我の原因になります。

筋力に自身のない方はパーソナルトレーナーの指導を受けるべきですね。


IMG_00514
こんにちは!
トレーナーの城間です。

つい先日の4/7に開催された、「Best Body Japan千葉大会」へ出場してきました。
私の出場したクラス(20~29歳)は53名のエントリーということで、

「色黒の血管浮き出たマッチョたちが一か所に集まると、こんなにきもいのか。。。」

と、ドン引きするほど賑わいを見せ、初出場の僕からすると凄く貴重な体験になりました。
結果は残念ながら、トップ10 入りはかなわず予選落ち。。。

しかし、トレーナーでありながら知識だけを頼りに初めてのダイエット!
知ってるのとわかってるの違いを痛感しました。
実際経験ある方ならわかると思いますが、「誘惑」にどれだけ勝てるか!

「誘惑」への勝ち方!これからは理論だけでなく経験からもアドバイスできるはず!

大会当日の体脂肪率はだいたい6~7%くらいでした。

一般的にいうと、やりすぎレベルかな。
かっこいいレベルだと、きっと10%前後ではないでしょうか。

実は体脂肪率10%には、意外とそんなに苦も無くたどり着きました。
IMG_0710
写真がだいたい10%くらいです。

女性でも関係なく引き締めるのは可能です。
トレーニングの効果を得るのに、男女差はあまり関係ありません。
「誘惑」がダイエットの敵であることは同じ。

どんなトレーニングをし、どんな食事でどんなサプリを摂れば理想にたどり着くのか。
「万人にではなく個人に合わせて導く」
そんなことをリトラのパーソナルでは知ることができます。

是非今一度、お問い合わせください!

体験料金¥3240(税込)
1e5c3b330aceec916d32ee4dd0276972
IMG_3658
こんにちは。
トレーナーの城間です。

最近フィットネス人口も増え、「オーガニック」、「糖質制限」、「カロリーオフ」などのワードをメディアでよく耳にするようになりました。
一時期流行ったダイエット法(朝バナナダイエットや、りんごダイエットなど)も今では見直され、

結局のところ「痩せるなら運動が必要不可欠だよね!」
というのが主流な考え方になりました。






しかし、運動といっても
.筋トレ? ヨガ? ランニング? ピラティス?

自分に何が会うのかよくわかりませんよね。

一人ひとり違うライフスタイルの中にどんな方法で何が一番取り入れやすいのか、近道なのか。
リトラでは的確なアドバイスができるはずです。

ダイエット=辛い
ことはありません。
ダイエットは生活を見直す、健康になるための手段。
なので楽しくてなんぼ、楽してなんぼ!

自身のお身体でお悩みの方、
ダイエットのプロであるパーソナルトレーナーに今一度ご相談ください!
pagetop